浴室リフォームのポイント

浴室リフォームのポイント

安全

冬でも暖かく快適に

暖かいお風呂
浴室の事故で多いのがヒートショックによるものです。
ヒートショックとは、温度差によっておこる急激な体調変化のことで、寒くて震えたり、心臓がドキっとしたりする現象です。
ヒートショックは血圧や脈拍が急上昇するため、身体に大きな負担がかかり、お年寄りでは死亡事故につながるケースもあるのです。

特に冬に多い事故なので、浴室リフォームの際には、浴室と洗面所を暖かく保ち、温度差をなくす工夫をしましょう。

暖房機能が付いた浴室乾燥機なら取り付けが簡単ですし、床暖房が使える給湯器もあります。洗面所側は、ファンヒーターが使えるように、足元にコンセントを取り付けておくと便利です。


お風呂だからこその危険がいっぱい

手すり
浴室の床は水や石鹸で濡れており、大変滑りやすくなっています。
また浴室には、当然ですが洋服を脱いで裸で入ります。洋服を着ていれば防げることも、裸という無防備な状態ではケガに繋がる可能性が高いのです。
浴室リフォームの際には、床は滑りにくく段差を無くし、立ったり座ったりと体勢を変える場所には手すりを取り付ける、ガラス面は割れないようにシートを挟んだガラスを使うなどの安全対策をしましょう。

また水栓金具などの位置にも注意が必要です。洗い場の側面や背中側の壁に金具があると身体をぶつけやすく、大ケガをしてしまうことがあります。水栓金具は洗い場の正面に付け、出来る限り凸凹の少ないデザインを選びましょう。

そして意外な危険が、「使いやすいタオル掛け」です。立ち上がる時、丁度いいところにあるタオル掛けを、ついつい掴んでしまうことはありませんか?

普通のタオル掛けでは体重を支え切れないため、よろけた時にとっさに掴むと外れてしまいます。全体重を掛けて転んでしまえば大ケガの元になり大変危険です。タオル掛けは掴みにくい位置に取り付け、手すり、もしくは手すり兼用の丈夫なタオル掛けを取り付けましょう。

リラックスルームとしてのお風呂

こだわりの空間に

ダミー
浴室リフォームの際、単なる浴室の交換と考えるのではなく、空間にこだわり、自分にとって居心地のいい空間を演出してみて下さい。

バランス釜があったけどリフォーム後はその分も浴槽になるのでスペース広くすることもできます。
マンションでも、リラックスルームとしてのお風呂を実現することも可能です。まずは、どういう浴室にしたいか、項目をあげていくとイメージが固まると思います。

予算、時間との兼ね合いも

ダミー
一昔前の浴室は、床や壁に直接タイルや石を貼っていく「在来工法」が多かったのですが、現在はパネルを現場で組み立てるシステムバスが主流です。

在来工法は工期が長く、掃除やメンテナンスが面倒なのですが、各家庭に合わせた自由なプランやデザインが楽しめます。
左の写真のようなシステムバスは、プランの中で部品を組み合わせていくのでデザインが限られますが、工期が短く、掃除が楽で水漏れの心配が少ないことから人気があります。

浴室リフォームの工期は、システムバスの交換だけなら1日~2日ですが、間取りを変えたり在来工法で行う場合は1週間~2週間程度かかることもあります。
リフォーム中はもちろんお風呂は使えなくなりますので、銭湯の確認はもとより、レンタル浴室の手配も可能ですので、お風呂対策を考えておきましょう。
失敗しないためのポイント 失敗しないためのポイント 失敗しないためのポイント

住宅ストック循環支援事業
ホームインスペクションサイトはこちらから
和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業
和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業
  • 和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業
  • 和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業
  • 和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業
  • 和ざあり棟梁 大分 別府 シニアリフォーム 三髙産業